ゴルフが上達しないのは、運動神経が悪いからなんでしょうか? 運動神経が全く関係ないとはいいませんが、ゴルフは特殊なスポーツですので、他の球技がまるでダメだった人でも上手になれることがあります。 ゴルフは止まっているボール(野球やテニス、ゴルフ、卓球など、スポーツによっては、個人練習の時でもたくさんの?があった方がいいこともあります)を打つため、反射神経や素早い動きなどはあまり必要とされませんよね。 プロゴルファーとかシングルプレイヤーを目指すならともかく、100を切るくらいのレベルなら、運動神経が悪くても十分に到達可能になっていますよ。 ゴルフがうまくなるためには、運動神経よりも大切な可能性もあるといえます。 それは、距離感を掴むことです。 距離感が掴めないと、アプローチも上手くいきませんし、パットも入りません。 ですから、運動神経が悪いからと嘆くよりも、距離感を掴むようにしてください。 そのためには、経験を積んで体で覚えるようにするのが一番ですが、ほんのささいな出費を厭わないならレーザー距離計を使うという方法もあります。 運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)神経が悪いから上達しないんだと思ってしまうと、本当に上達しなくなってしまうので、気にかけないようにしましょうー